EXECUTIVES

​経営陣

代表取締役社長

​平瀬 正博

京都工芸繊維大学卒業後、1990年に某ベンチャー企業入社。システムエンジニア、物流コンサルタントの経験を経て、2002年フューチャーシステムコンサルティング(現フューチャーアーキテクト)株式会社入社。

データ連携コンサルティングビジネスを自主的に立ち上げ、2005年テクノロジーサービス事業部長に就任、同社で最年少執行役員となる。データ連携、ネットワーク、セキュリティ、運用・保守の分野においてテクノロジーを基軸としたサービスの開発、事業運営を統括。

また、同社イベント「全社員が選ぶ一緒に働きたい事業部長」コンテストにおいてランキング第1位獲得。

2008年同社を退職し、ブレインズテクノロジー株式会社を設立。代表取締役としてITマネジメントのコンサルティング事業とエンタープライズサーチ事業を推進。

2013年、ブレインズコンサルティング株式会社を新たに設立。

代表取締役として、真に顧客サイドに立ったITコンサルティング事業に加え、AI関連技術の研究開発・サービス開発を推進。

経済同友会リーダシッププログラム第4期生

取締役

古崎 知昭

東京理科大学卒業後、1994年にNTTデータ四国テクシス(現NTTデータ四国)株式会社入社。

オープン系システム黎明期より多くのオープン系プロジェクトを経験し、設計から開発・テストに至るまでの全般的なスキルを習得。

2001年 フューチャーシステムコンサルティング(現フューチャーアーキテクト)株式会社に入社。主にデータ連携システム(EDI,EAI)のコンサルティングから構築までをプロジェクトリーダとして担当し、大規模幹系システム再構築プロジェクトにおいても、グランドデザイン・計画立案・実行段階のマネジメントの経験を積む。

​2008年 ブレインズテクノロジー株式会社の創業メンバとして参画し、現場を強く志向したコンサルティングにより、顧客側PMO組織の立ち上げからプロジェクトマネジメント実務の推進を通じて、多くのプロジェクトを成功に導く。

2013年 ブレインズコンサルティング株式会社設立に伴い取締役に就任。AI関連事業を統括

取締役

三森 輝久

法政大学経済学部卒業後、富士通エフ・アイ・ピー株式会社に入社。メインフレームでの開発、保守。
その後、オープンシステムへのダウンサイジングを経験。

2007年 フューチャーアーキテクト株式会社に入社。複数のダウンサイジングプロジェクトに参画し、開発・基盤・運用標準の策定、保守・運用体制の確立支援、保守・運用ベンダの切替え支援、ITIL関連ツールの導入支援などITサービスマネジメント領域を軸に活動。FutureYoungExecutiveBoard2008メンバー。

2013年 ブレインズテクノロジー株式会社を経てブレインズコンサルティング株式会社設立に伴い、創業メンバとして参画。

2014年 執行役員に就任。障害対応省力化サービスを立上げ、推進。

2018年 取締役に就任。IT&AIコンサルティング事業を統括。

 

【itSMF Japanでの活動実績】 サービスデザイン研究分科会副座長
インシデント問題管理プロセス研究分科会座長、 DevOps変更管理研究分科会座長

特別顧問

菅家 博

1978年 早稲田大学卒業
    日本アイ・ビー・エム株式会社入社
    ゼネラルビジネス統括本部マーケティング・マネジャーを歴任
1991年 日本オラクル株式会社入社
    ゼネラル・マネジャーを歴任
1996年 フューチャーシステムコンサルティング株式会社
          (現フューチャーアーキテクト株式会社)入社
    取締役常務執行役員を歴任
2007年 コムテック株式会社 代表取締役社長に就任
2013年 ブレインズコンサルティング株式会社 特別顧問就任

技術顧問

長谷川 幹雄

東京理科大学 工学部第一部 電気工学科 教授 長谷川幹雄
【研究テーマ】
 ニューラルネットワークを用いた機械学習、及び最適化アルゴリズムの理論研究と応用研究
 複雑系理論、及び非線形理論を応用した通信ネットワークに関する研究
 カオスニューロダイナミクスを応用した最適化の理論研究と応用研究


【主な学会活動】
 IEEE,及び電子情報通信学会 会員.
 電子情報通信学会 複雑コミュニケーションサイエンス研究会委員長、ComEX編集委員、非線形問題研究会幹事,等