​障害対応省力化サービス

機械学習を活用したシステムと

 データ分析サービスを組み合わせた、​

  RPAプラットフォームサービスです。

コンセプト

IT部門が日々対応するシステム障害対応を、機械学習や自動化などの要素を取り入れたツールで省力化し、さらに障害対応の過程で発生する膨大なデータを分析することで、継続的な障害対応の省力化を実現します。

​パンフレットダウンロード
 

​サービス

「障害対応省力化サービス」は、ブレインズコンサルティングが独自開発したWEBアプリケーションの”ツール”と、ITマネジメント領域におけるナレッジを活かした”コンサルティング”の2つを融合した、新しい形のサービスです。

ツール

ブレインズコンサルティングが独自開発したWEBアプリケーションの「障害対応アプリ」と「可視化アプリ」が、障害対応の省力化と障害対応データの分析を実現します。

コンサルティング

障害対応アプリケーションを使用することにより、日々の運用データを蓄積することができます。

専任コンサルタントが、それらのデータを用いて詳細な分析を実施、様々な改善提案をいたします(例えば、定期的に繰り返している障害や、障害の予兆と考えられる事象の指摘など)。

分析は定期的に行われるため、システム障害対応の継続的な改善を実現できます。

 

​サービス導入効果

障害初動対応の迅速化とヒューマンエラー防止

障害メッセージ毎の定型対応(例えば、障害影響範囲確認のためのシステムへのログイン試行や、疎通確認コマンド実行や、影響ユーザへの通報など)が、自動ナビゲートされるため、手順書を参照せずに初動対応を行うことができます。これにより、初動対応はもちろんのこと、コマンド実行ミスや作業漏れなどのヒューマンエラーも防止できます。

新任者の即戦力化

過去の障害対応履歴をもとにした機械学習によって、障害メッセージの重大度と緊急度が自動的に表示されるので、新任者であっても適切な初動対応を行うことができます。

また、障害復旧対応の場面においても、「障害対応アプリ」が「障害システムの情報」「類似障害事例」「障害メッセージに関連するドキュメント」などの情報をレコメンドするので、経験豊富な担当者だけがアクセスできていたようなノウハウが全担当者が簡単に参照できるようになります。

さらに、定期コンサルティングの分析により、重要ナレッジにも焦点が当てられ、より効果的なナレッジ共有を実現できます。

継続的に障害対応業務の省力化を実現

本サービスは、”ツールの売り切り” を目的としていません。障害対応アプリケーションの利用と、そこから得られる運用データの分析による、継続的な省力化コンサルティングとその成果こそが、真の目的です。

弊社のコンサルタントが定期的にお客様の運用データを分析し、さらなる障害対応の省力化に向けた継続的な支援のサイクルを実現します。

 

導入

1. お客様からのお問合せ

電話、またはメールで問合せのご連絡を頂き、初回の訪問日時を決定します。

2. 訪問・初回打合せ

お客様ご指定の場所に弊社コンサルタントが伺います。

障害対応省力化サービスの詳細を、アプリケーションのデモやレポートサンプルなどを用いてご説明いたします。

打ち合わせを経て、サービス導入規模に応じた料金と、導入計画を提示させて頂きます。

なお打ち合わせの結果、本サービスがお客様の課題に適合しないと判断する場合もございますのでご了承願います。(通常のコンサルティングサービスでご支援できる場合は、ご要望に応じてご提案いたします。)

3. ご契約

本サービスの採用を決定して頂けました場合には、正式な契約書を締結いたします。

同時に導入範囲(ノード数ベース)と導入計画を確定いたします。

4. 導入設計

契約時に取り決めた導入範囲(ノード数ベース)と導入計画に従い、サービス設計を行います。

本サービスで使用する「障害対応アプリ」及び「可視化アプリ」が必要とするハードウェア要件を提示いたします。

サーバやスイッチなどのハードウェア、及びアプリケーションの動作に必要な一部ソフトウェアについてはお客様にてご用意いただく必要がございます。

但し、ご要望に応じてサーバ設定・ソフトウェア導入等の作業をご支援いたしますので、事前にご相談ください。

5. プロトタイプを構築しサービスを最適化

最小構成のプロトタイプを数週間以内に構築し、実際に現場の担当者様にご利用いただきながら省力化の精度を高めていきます。

数週間おきに弊社の担当コンサルタントが訪問し、プロトタイプの運用データを取得し、経過レポートと改善作業を実施します。この作業を数回繰り返します。

プロトタイプ期間については、数週間を基本としますが、ご契約時に確定させたお客様の導入範囲により変動いたします。

6. サービス本稼働

最小構成のプロトタイプ稼働を終え、必要に応じて本稼働用のハードウェア構成に移行し、サービス本稼働となります。

7. 定期的な省力化コンサルティングサービスの提供

数か月毎に弊社の担当コンサルタントがご訪問し、運用データを取得いたします。

1~2週間程度の分析作業の後、レポートと改善提案を提出いたします。

改善提案の内容にご同意いただいた場合は、障害対応アプリケーションの設定変更や障害対応業務プロセスの見直しなどの、施策の実行をご支援いたします。

 

料金・お問合せ

本サービスの料金については、パンプレットをご参照ください。

また、サービス詳細については、お電話または以下のフォームからお問合せ下さい。